鳩村衣杏

小説【感想】僕はあなたに飼われたい 鳩村 衣杏


小説【感想】僕はあなたに飼われたい 鳩村 衣杏  713円 ショコラ文庫

 

あらすじ—

美形だが口の悪い人気作家・妹尾遼一の元に編集が寄越した掃除アルバイトは、シャープな印象なのに瞳が妙に人懐こいイケメンの男だった。手際よく室内を片付け、おまけに料理の腕までふるうその男に遼一は感心するが、編集からの電話でバイトが中止になっていたことを知る。驚き詰め寄ると、狛方和泉と今更名乗った男は、自分は獣医師で、遼一が幼い頃拾った子犬の魂に頼まれ、代わりに恩返しにやってきたと言い出して…!?

 

感想—

リンクしている本は未読です。
作家さん買い。

犬の恩返し・・?
ちょこちょこ元飼い犬の恩返しが・・とは会話に出てくるけども、どちらかと言えば犬の恩返しよりもスパダリ大型ワンコ攻めの話しのような気がする。
ゴールデンレトリバー系の。

グイグイ押されて行く様子は面白かったけれど、ちょっと全体的に印象に残らない感じがしました。
最後の最後に本当に犬の霊がいたような雰囲気で終わったけれど、正直ほんとうに憑依でもされていれば面白かった(個人的に)のかもしれないと(笑)

少しずれて届いた同じ作家さんの本が面白かっただけに、こちらは残念。

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします
応援してもらえるとやる気が違いますww( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ