結城一美

【感想】法廷外恋愛闘争 結城一美


1106689861_main_l
法廷外恋愛闘争 [ 結城一美 ] 楽天ブックス(送料無料)

法廷外恋愛闘争 オムニ7 現在ポイント5倍中

法廷外恋愛闘争 Amazon

法曹のお話はけっこう堅苦しくてあまり好きではない系。
みずかねりょう先生のイラストに惹かれショコラならハズレはあまりないかなとか
安易な考えでの購入

 

結城一美先生の本も初読みなんですもの。

 

あらすじ—–

検事の亜矢谷陸は、高校から十五年以上の腐れ縁ながら何かにつけ自分の前をいく弁護士の東郷公紀が腹正しくてならない。ある日同僚たちと飲んだ亜矢谷が翌朝目覚めるとそこはホテルのベッドで、隣には全裸の東郷が。衝撃を受ける亜矢谷に、東郷は「お前が誘ったんだろう」といつものように傲慢に笑い、携帯のムービーを見せる。そこには「一度だけ抱いてほしい」と泣きながら取りすがる亜矢谷の姿が――。

 

感想

なんとまぁ、読み進めて行くにしたがって判明したのが

 

東郷が変態

 

いいよいいよ。お尻に高級ライター入れちゃっても。許すよ。
もじもじしちゃう亜矢谷に萌える。
最後には、あの時ちょっとやりすぎちゃったエヘッ♪的な東郷の言葉に萌えるww

検事と弁護士という関係もあるけど元々が犬猿の仲なのに、どうにもこうにもかまっちゃう東郷は、やはり亜矢谷が大好きなんですね。

好きだからいじめちゃう系。

 

事件ありきで恋愛が進むというよりは恋愛が絡んだ中に事件が発生という感じだったので、前回ちょっと重い話を読んだ後だっただけに良かったです。

 

所々に憎めない東郷がひょっこり出るので飽きさせないのもあるかな。
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村