岩本薫

小説【感想】タフ4 Light My Fire 岩本薫


小説【感想】タフ4 Light My Fire 岩本薫 1047円 ビーボーイノベルズ

 

タフ(4) [ 岩本薫 ] 楽天ブックス

タフ4 Light My Fire【イラスト入り】【電子書籍】[ 岩本薫 ] 楽天Kobo

タフ4 Light My Fire【イラスト入り】 BookLive

タフ4 Light My Fire【イラスト入り】 Kindle

 

 

あらすじ—

友人なのに、体の関係を持ってしまった――。凶暴かつ横暴、プラス傲慢な刑事、神蔵響。好奇心と無鉄砲は人一倍のグラフィックデザイナー、平間シンゴ。ついに響と体を繋げたシンゴは、罪悪感と甘やかな感情に戸惑っていた。大きな体に抱かれ、快感に甘く翻弄されつつ、いつも不敵な男の、余裕をなくした素顔に蕩ける。一方で、響のベッドに裸でいる自分に後ろめたさも覚えて…。響に対して胸に渦巻くこの感情がなんなのか、もう少しで分かりそうなのに――! そんな時、シンゴの妹ヒカルが、チャイニーズマフィア絡みの事件に巻き込まれ、失踪し…!

 

感想—

ここからが後半戦!という感じの話しの流れです。5巻までぶっ続けで読みたい衝動がありましたが4巻読み終わったのが夜中の2時だった為、諦めて寝ました・・・

「友達」としての関係で寝てしまった二人ですが、この4巻でやっとシンゴが素直になります。素直というか、今まで見てみないふりをしていた自分の中と向き合ったという感じ。
響に対しての気持ちが恋愛感情として好きなのは分かってはいたと思うのだけど、それを認めるのが怖い、認めてしまったら何かが終わると思って前に進めなかったと思うんですよね。
でも、ここでやっと自分にはかけがえのない存在だと響を認めます。
それはシンゴの妹が引き起こした事件によって追い詰められたお陰で気付いたんですけどもね・・・

けどもね!!

シンゴの妹らしいっちゃらしいです。
えぇ、どっちもどっちでトラブルを引き起こすというか呼ぶというか、ぶっちゃけ妹に腹立って腹立って!
事件に巻き込まれ自分のマンションから飛び出し、その時に事件に関わる重要なデータをシンゴ宛てに送ってからシンゴ宅へ逃げ込むんだけど・・・
様子がおかしいと心配するシンゴに対して逆切れするわ、なんでもない!と無視するわ。
関係ないどころじゃないよね。既にメール送った時点でシンゴを巻き込んでいるのだから、説明する義務があるはず。なのに全く説明もせず、揚句の果てにシンゴ妹と響は仲が悪くて響に噛みついてるし。

そしてシンゴ以上だと思うよトラブルに首を突っ込むの。
記者になりたいという夢はあるんだろうけど、一番ヤバイ奴をおびき寄せてしかも拉致られてるし。
あぁ・・自業自得。

その一番ヤバイ奴がですね、響の兄の殉職に関わっているので5巻までそいつは続くんです。
チャイニーズマフィア、日本のヤクザ、そして警察官僚、響の父親、まだ想いを告げていない「さくら」5巻でどうなるんだろう。

まぁ、響とシンゴの仲はこの巻でゆるぎない絆が出来たと思っていい・・・よね?

 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします
応援してもらえるとやる気が違いますww( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ