秀香穂里

小説【感想】 王子様はちょっと残念 秀香穂里


小説【感想】 王子様はちょっと残念 秀香穂里 961円 クロスノベルス

 

王子様はちょっと残念 [ 秀香穂里 ] 楽天ブックス

【コミコミ特典小冊子&出版社ペーパー付★】王子様はちょっと残念 コミコミスタジオ

王子様はちょっと残念 Amazon

 

あらすじ—

俺に不可能はない

少年マンガ雑誌の編集・吉矢は恐ろしく高い画力を持つ超弩級の新人・館石をスカウトした。
ちょっと尊大で自信家で人格に問題はありそうだと思うが、すごい才能に目が眩み吉矢はスルーしてしまう。
そして初の待ち合わせの日、吉矢の前に停まったのはリムジン。
館石の王子様のような御曹司ぶりに唖然としてる間に、高級ホテルに連れ込まれて──!?
「おまえがほしい」と情熱的に口説かれても「君未成年でしょ!?」
吉矢の前途は多難で……。

 

感想—

年下高校生攻めです。
コミケで見つけた王子様顔のイケメンで画力もありストーリーも(主人公死ななければ)上手い。
これは上等な新人を発掘したぞと連絡を取ってみれば・・・
残念なイケメンだったというオチ。

単発デビューはしたものの、連載は勝ち取れず人生で初の挫折を味わう。
そこから吉矢は館石に助言し人として欠けている部分を教え補い自分一人が満足するような漫画のストーリーから
抜け出せるようになるという

なんだかラブストーリーよりも館石の人間としての成長作品て感じww

もっとずば抜けて残念な感じを押しだしてくれれば良かったのに~。
年齢差に関してもあまり葛藤も無く。
特に大きな事件も事柄も無く。

クロスノベルスさんでハズレはあまり無い覚えがあるのですが・・・
ごめんなさい。
自分的にハズレ感があります。

 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします
応援してもらえるとやる気が違いますww( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ