スポンサーリンク

セキスイハイムもパパまるハウスもいいよね。でも最終的には営業マン次第。

家を建てる
スポンサーリンク
.
choco10をフォローする

地元山形県で家を建てるちょこ家ですが、一条工務店以外にも色々ハウスメーカーを巡りました。あくまでも私の主観であり、否定しているわけではありません
東北の中でもまだ南寄りの山形県ですが、県内でも盆地の為に断熱性、部屋を暖める為の家電(床暖房、セントラルヒーティング、エアコン)等を気にしつつ見て回った結果です。

土屋ホーム

土屋ホーム専門に大工さんを養成し建築する上での安心感が。土間の作りも面白かったです。
北海道を基準とした家作りで暖かさも申し分なく自由設計、建てた後のアフターも巡回して回っていますとの事。
ただし、営業マンが現場上がりの方が多く他のハウスメーカーと比べると良い家なのにアピールが出来ていなくて残念ポイントです。この方とコミュニケーション取りながら家作りをしていくのかと思うと少し不安(営業マン2名とも)
山形県では人材不足なのかもしれません。本当に良い家だったのに。

日本ハウス

東日本ハウスが全国展開し日本ハウスに改名した会社です。
60年間の巡回訪問、長期保証、当たり前の耐震、断熱も備えており24時間コールセンターがあるのも安心です。檜を使った所が凄く素敵で木の温もりって安心するなぁと感じました。残念ながらセントラルヒーティングに魅力を感じず…。部屋のあちこちにあの機材が設置されていると思うと邪魔(笑)お邪魔した展示場の和室の作りもダイニングとの遮りはないものの独立しておりとても良かったので一度見に行く価値はあると思います。

アイフルホーム

小さな子供がいる若い夫婦の家を想像して設計しているような感じを受けました。
キッズデザイン賞を受賞しているので、その作りを展示場で推しているのだと思います。お子様の居る方や奥様目線の自由設計なので設計士さん次第ではお洒落で楽しい家作りが出来るのではないでしょうか。残念ながら太陽光を載せる事を決めている私達に、太陽光を載せる事を何度も否定し、その後の営業さんのお電話のシツコイ攻撃に辟易しキッパリお断りしました。アイフルホームさんはフランチャイズです。その地域によって営業方針は変わると思いますのでシツコイのと太陽光否定は山形県のみの話だと思います。

住友林業

木材を使った木の家を全面に出し、さすが「林業」と名前が付いているだけあるなと思います。木の温かみが感じられる高級感のある展示場でした。しかしながら、家の詳しい話を聞く前に予算、ローン返済、年収等、金額の話が展示場の中に入る前に行われ、既にセキスイハイムの予算がベースになっていた私達は展示場内に入る前から一見さん扱いで、ほぼ展示場内の説明も詳しくされませんでした。2回行って2回ともです。
2回目に行った時にはさすがに「あなた達の予算内では無理ですよ」という事なのだなと感じました。

ミサワホーム

蔵のある家で有名です。男衆(主人、次男、三男)のテンションも上がった上がった。その蔵何に使うつもりなんだ?と冷静に言ったら色々男衆が妄想始めたので無視です。こちらも木の温かみの感じる家です。住宅展示場という事もあり、二世帯の作りのため参考にはならず。設計士がかなり作り込んでくれる感じです。自由度があるんですね。価格帯もそんなに高い方ではなく魅力的でした。営業マンも丁寧で親切です。無理な営業もかけてきませんでした。

積水ハウス

いやぁ〜ここは手が出ないですね!さすがに高級感はピカイチだった展示場です。家事導線もしっかりしており、こちらも二世帯の展示場でしたが主婦目線の家事室、収納等もしっかりしており開放感も重厚感もあります。お値段も重厚感ありましたが(笑)
さすが高級住宅(偏見)扱ってるだけに若い営業マンなのに接客が丁寧でした。

積水ハウスに手が届かない方向けに案内しているのがグループ会社の積和建設。

宮城県仙台市からわざわざ来てくれたのですが、まずしっかり予約していたはずの時間に遅刻する営業マン。予約場所は何故か積水ハウス内。グループ会社で下請けだとしても積水ハウスと同じ物を使って家を建ててくれるわけではないので魅力は半分以下。

タマホーム

CMで散々流れるあのメロディ…。有名なハウスメーカーで長期優良住宅、開放感のある大きな窓。自由設計。事務所の隣に2軒展示場があり、事務所の二階は内装見本市。どれでも好きなキッチンでもお風呂でも選んで自分好みに出来ますよ※一部はオプションという感じです。面白いです。営業マンも強く推してくる事もなく、気軽に相談できる感じです。気を付けなければいけないのが、雪国仕様の家しか選ぶ事が出来ず、色々ラインナップのある中で「大安心の家暖」しか無理との事。タマホームの中でも価格帯が上。その上、市内ではないので建築資材移動費が別途かかるとの事。

ユニバーサルホーム

低価格帯のローコスト住宅。元々はアイフルホームのスタッフが独立した会社。床暖房は魅力的でした。床暖房だけで一階も二階も暖かかったです。住宅展示場は普通の家の見本として展示しているので後々売却する為か現実的な大きさで作られています。33坪の家で、正直小さなお子様と夫婦を見越して建てているのでしょう。狭さが際立ちローコストの為かキッチン等の仕様はやはり安っぽい。そして営業マンやる気ナッシング(笑)

セルコホーム

ここは!夢のある家でしたね!カナダの輸入住宅という事もあり、細かい部分が日本的じゃないんですよ。キッチンの取手の部分の細かな部分だけでも可愛い。カラフルなタイル貼りの洗面所が可愛い。部屋の窓だけでも可愛い。お値段も高くはないです。女性の視点から見ると夢のある住宅だと思います!無垢材を使っているのもポイント。カナダ品質だけあり断熱もバッチリです。外壁のタイルも可愛い!正直心が揺れました。工法が特殊で開放感のある作りも出来ますし24時間換気システムも付いています。ただ、男の人の目線から見ると…うちはダメだろうなと。全体的に三角屋根の洋館スタイルです。見るだけでワクワク止まりません。ただし、ここもフランチャイズであり、倒産した工務店での揉め事が色々あったようです。本部は宮城県なのでフランチャイズ先が倒産した場合は近くのセルコホームではなく宮城県の本部が引き継ぎなので不便が。

檜家住宅(パパまるハウス)

檜家グループの中でも超低価格帯で出しているパパまるハウス。坪単価が決まっており、企画住宅なので自由度はありません。間取りのパンフレットの中から選ぶスタイルですが、この部屋の壁無くして一部屋にしたい等の希望は叶えられるそうです。Z空調も取り入れられており、家中快適空間が実現します。オプションである程度のグレードアップは可能ですが、種類は多くありません。
しかし、価格は固定されておりお値段が凄い安いです!ビックリしました
私達がこだわっていた外壁タイルに関しては、メンテナンス費用を抑えられるという事と経年劣化が外から見てすぐわかるのが嫌でタイル!と言っていたのですが、この金額で建てられるなら…と思わせられる感じです。
※しかし、その後女性営業さんが舅と上手くいっていないので家には来ないで下さいと伝えていたにも関わらず、家に営業しに来て不快感が。

セキスイハイム

何度も書いていますが、セキスイハイムですよ(笑)
正直今でも未練がないかと聞かれれば未練はあります。もし一条工務店がダメになったらの候補として未だに残っています。
工場見学会で見たオプションのタイル、高級感もあり凄い重いです。鉄骨だから耐えられる重さ。そして鉄骨ならではの大空間と大きな窓!
鉄骨ならではの魅力ですが雪国であれば太陽光を載せるのに屋根に勾配は必須です。屋根が耐えられません。太陽光割れます。しかし、鉄骨ならではの強みで屋根を平らにしても太陽光を載せられます。雪国で屋根が平らのメリットは勾配で雪が片流れで落ち積もるという心配がありません。屋根の雪は風で飛びます。積もったら積もらせっ放しで耐えられます。セキスイハイムの専門部門というのが沢山あり、これぞ大手メーカーだなと思いました。専門インテリア部門、専門メンテナンス部門など。そして営業マンは転勤があっても県内のみという縛りがあるらしく、担当営業マンが退職しない限りお付き合いが出来ます。最初に付いた営業マンはフットワークも軽く、何もなくてもお宅訪問して確認に来てくれるとの事。あの営業所長が登場しなかったら契約していたでしょう。

クレバリーホーム

駆け込みで展示場へ訪問しましたが、こちらもフランチャイズ。外壁タイルを推していて自由設計。天井も高いです!38坪なのに展示場の開放感が一条工務店と比べると雲泥の差…。天井の高さって結構重要だなと感じました。展示場隣に同じクレバリーホームで建てた家がありましたが、10年経過した家とは思えないほど見た目が新築です(笑)やはり外壁タイルは魅力的。お値段もかなり安いです。フランチャイズとはいえ、地元工務店って感じが強い。ここも一条工務店と何かがあった時の為に候補として残しています。

 

お住まいの地域によって、私達のようにハウスメーカーのラインナップでも選べない(多分雪国限定)もあるので聞いてみてくださいね。

他にも細かく展示場行きましたが大手だけ書きました。

山形県では近くに展示場がない所が沢山あります!トヨタホームとかヤマダホームも気になっていましたが、展示場が県外。しかも大手で人気のあるスエーデンハウスや人気のあるヘーベルハウス等は全て県外。

県外という事は、自宅で打ち合わせが出来ない(義父が邪魔をする)私達は打ち合わせや細かいやり取りはどうすれば…という感じで候補にもいれられませんでした。

雪国限定でのお話

帰りた〜い帰りた〜い♪のフレーズでセキスイハイムは暖かいものと思い込みがありましたが、誰に聞いてもネットで調べても暖かくはない。それは雪国だから。

鉄骨は熱も伝えますが鉄骨だから逆に冷たさも…一度暖房を切ると外壁のタイルが暖まるまで寒いです。エアコン併用です。快適エアリーという家中暖かいよ?という機能は床下に大きな暖房器具を設置します。家が小さければ小さい機器で済みますが、家が大きくなればその機器も設置数が多くなり電気代がかかります。契約直前まで行ったので散々調べました。

どうしても、フレーズ通りの家にするには暖房費が嵩みます。極端に寒い地域でなければ問題はないでしょう。限定数棟のはずのファーストオーナーキャンペーンは9月から半年経過してもずっとやっています。キャンペーンという名のホイホイです。ご安心を。

色々情報を収集して感じた事は、営業マンの良し悪し。

ファーストインプレッションは大切です。一生物の買い物なんです。長い付き合いになります。何度も顔合わせをする事になり、自分達の希望を伝えやすい雰囲気って大切。

とても丁寧で説明が上手な感じの良い営業さんと出会うと家のイメージも良く感じます。家がいくら良い家でも営業マンが残念な方は正直候補から外れて行きます。

口コミの方の地域の営業マンで不快感があったというのを見ても自分の地域の営業マンは違うので情報収集していく中で他の方の口コミを信じるのもちょっと違うんじゃないかなと思います。営業マンの当たり外れはあると思いますので口コミだけを信じないよう、しっかり展示場を見に行って営業さんと話してみて下さいね。

※逆に良い営業さんだってハウスメーカーの口コミなのに、酷い!しつこく営業かけてくる!って所もあります。

お宅訪問は半分信じない

自分が納得して気に入っているからお宅訪問をさせてくれるのです。
営業マン並みにハウスメーカーの良い所を推してくる方も居ます。
私が家を建てて拘った所や気に入ったところは、お宅訪問に来てくれたら自慢しますよもちろん。このハウスメーカーで良かった!って言いますよもちろん。だって何度も打ち合わせして数千万のお買い物ですもの。
ハウスメーカー選びで悩んでいる段階でのお宅訪問は参考になりません。出来れば決める前と決めてから2回行きましょう。

「ここはこうすれば良かったかもと思ってる」と、間取りに関して伝えてくれる内容は大変参考になります。
2カ所お宅訪問させて頂きましたが、どの方もやはり自分の拘りやこのハウスメーカーで建てて良かったという話になりますので…。

太陽光発電に関しては、最近建てたばかりという方以外は全く参考になりません。
そもそも売電落ちてるんですから。

後から気付いたのですが、お宅訪問した方の話で冬場の電気代がいくらかかったという明細を見せてくれた方が居ましたが(セキスイハイム)、売電が先月2万あったので!という話で太陽光っていいなと家族でうんうん頷いてました。しかし、その方が建てたのは8年前。売電高い方なんです。今なら半分以下では?と。しかも節電しているので今は暖房切ってますと言っていたのでやはり暖房費結構かかるんじゃ…と。

はぁ…結局長くなってしまいましたが今日はこの辺で。

次回こそ1回目の打ち合わせ編

 

ハウスメーカーのどこを選んだらいいか迷ったら間取りも一括請求、一括見積もりが出来るタウンライフ家づくりのサイトをお勧めします。私も一括請求しました。ハウスメーカーの比較検討の参考になると思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました