スポンサーリンク

怒涛の1か月半。ハウスメーカーで悩む。

家を建てる
スポンサーリンク
.
choco10をフォローする

色々HPを整理して作り込まなくちゃいけないけど、後回し後回し。

だって、記憶が薄れちゃう(笑)

まず、家を建てるとなった場合、皆さんはハウスメーカーや工務店で悩むと思います。

ちょこ家も迷いました。

だって、どこも同じような事を言うんです。
こうしたい、ああしたい、言えば言うほど

うちも出来ますよ?

じゃぁ何が違うの??

となるわけです。

色んな展示場を回りました。でも、色々な所に行けば行くほど、ハウスメーカーのどこが良くて他とどう違って良いのか?何が違うのか?本当に訳が分からなくなります。

ここから悪夢のような1か月半

一条工務店へ家族で再度行ったところ、

いつ頃を目安にしていますか?

 

 

10月前後ですね。真夏は引っ越しきついですし冬の雪が降ってからは嫌なので

すみません…うちでは最短で11月以降かと…

え?そんなにかかるんですか?

うちは1か月に建てる件数が決まっていまして、既に上棟枠が埋まってしまっているんです。

 

なんですと!!
予定では来年新しい家に住む予定だったのに予定が!!最悪もう一冬この家で過ごすの??
いーやーだー!!!

この日は展示場を見せて頂き、早々に帰宅して翌日から動くことに。

正直、展示場巡った件数で言えば20件近くは行ったのではないでしょうか。
20件近く行って合わないと思った所は省いて行きました。

  • 予算内で収まるハウスメーカーかどうか
  • ローコストメーカーにするか、ローコストよりは高いメーカーにするか
  • 保証期間が少しでも長いハウスメーカーにする
  • 外壁がタイルの所を選ぶ(外壁の汚れで見た目が悪くなり劣化した家に見えるから)
  • 太陽光を載せたいので、太陽光の話しを否定しないメーカー(否定する所もありました)

外壁がタイルとなると、意外と絞られてしまいました。
一部、外張り断熱のハウスメーカーがタイルにも出来ますと言われていましたが、外貼り断熱で外壁をタイルにするというのは良くないそうです。

ローコストメーカーでも、なかなか良い家もありました。
しかし、業界誌の中で空調設備の件で外から空気を入れて家の中で空調を調節する機能の一部で外から管を通して家の中の中心まで管を通す空調だと、その管の中でカビや花粉が残りいくら良い空気を家の中で回そうとしても管が汚れているので汚れた空気が部屋の中に回ってしまう可能性があるとの記載が。いわゆる〇空調で有名な…(大丈夫かなこれ)

2回展示場でお話しさせて頂いただけで部屋数と部屋の広さを伝えていたところ、2回目の時にもう設計を出してくださった所もありました。
女性視点の間取りでかなり動線が上手くできており、迷いに迷いましたが決定打に欠けたのです。
お値段がなかなかお高いので結局一条工務店やセキスイハイムと変わらない。
比べてしまうのは全館床暖房の一条工務店。

一条工務店は冬場の暖房に床暖房しか使わないんです。
私の地域ですと、真冬にマイナス気温になる為、通常床暖房だけでは間に合わずエアコンの暖房を併用します。
1階のリビングで誰かがTVを見たり寛いでいる時に他の家族が自分の部屋(2階)に行ってしまったら2階のエアコンも使う事になります。

気になるのは暖房費・・・

鉄骨メーカーの家はどうしても寒い。
暖房をガンガン使えばそれは暖かいに決まっていますが、冬場の暖房費が5万になる事も。

正直、セキスイハイムの家は外壁のタイルも高級感があり建つのも早いので魅力的。
窓も大きく取れて、開放感のある作り。営業マンがなかなかフットワークが良くて県内でしか転勤がないので長く付き合える営業なんです。
長期保証もある。スムストックにも入っている。
なので、候補からは外していませんでした。

★地元ハウスメーカーの女性視点の間取りも気に入り、そのハウスメーカーも候補に。
外壁タイルに出来ない部分は何か考えてみようと思って。

★そして一条工務店。オリジナルのキッチン系が既に家にデザインされているようで統一感があり、後で家具を買い足す必要も少なく済みそうだし、何と言っても雪国での全館床暖房。

★もう一つ、地元ハウスメーカーで工務店からオリジナルブランドとして立ち上げた家。
間接照明を売りにしており、照明のプロが居るんだそうです。かなりオシャレな家を建てます。
雪国に特化しており、屋根から落ちた雪を落ちた所で溶けるようにしていたり。
しかも地元の工務店という事で助成金も出たりする(笑)

★安定の鉄骨ハウス、セキスイハイム

 

悩みに悩んだ結果、この4つに絞りました。
全国区の方には参考になりませんが、リンク先の家は地元山形県で建てる予定の方はおススメしたいです。

工務店で建てると、正直私達の予算ではかなり豪華な家が建つことでしょう。
何故、地元の工務店を避けてハウスメーカーばかりを選ぼうとしているのか?と他の方にも聞かれます。

実家(築20年)の家が、地元工務店で建築しましたが、「建てた後のメンテナンス、それ美味しいの?」って感じで話にならなかったです。
一階の部屋の収納部分の柱と板の間に隙間があり、そこからゲジゲジとか入って来るんですよ。
施行ミスですよね・・・

主人の実家の二階を20年前に増築し、トイレとお風呂のリフォームを地元工務店で行いましたがお風呂場の窓がナナメになっているんです。
極寒の地なのに、窓がお風呂場以外二重サッシになっておらず、二回の窓にもゆがみがあり隙間風が入ってきます。

そんな工務店ばかりではないですが、たまたま2件もそういう例を見てきただけにアフターフォローがしっかりした大手を選ぼうと決めました。

あと、若い夫婦には関係ないと思いますが私達家族は社会人ばかりで子供に家を残す事を考えています。ローンの支払いが終わった時に自分達(親)は生きているかどうかわかりません。小さな子供の居る家ならば、子供が巣立った時にまた子供達で建てればいいと思いますが息子アラサーと18歳。ローンの支払いが終わってもしっかり残る家を建てなければ!

この4つに決めるまでに、1ヶ月半。ほぼ毎日のように検索し情報を仕入れ展示場へ行き営業さんとお話し(毎回軽く2時間以上かかる)を繰り返していました。

魂…持ってかれそう…

次回、セキスイハイムの見積もりなんだこれ!!!!編です。

 

 

家を建てる
スポンサーリンク
シェアする
ちょこっとハウス/一条工務店で家を建てる

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました