スポンサーリンク

痛みを我慢して死にかけた話

ブログ
スポンサーリンク
.
choco10をフォローする

今日はおうちのお話ではなく、死にかけた話をフォロワーさんの真似をして書いてみました。

痛い!!

そう思った時に、それはどのくらいの痛みか?

冷や汗は出るが意識はある。
痛いけど我慢出来るかと聞かれれば丸まって唸っているがまだ大丈夫な気がする。
めちゃくちゃ痛くて転がるくらい。でもそのうち治るかも?

病院へ行かなくちゃいけない程度の痛みのラインがわかりません。

救急車!!と叫んでもいいのか?と冷静な部分もあったり。

もし救急車を呼んで、救急隊員が来た時に痛みが治ったら?

そう考えると「とりあえず我慢」

怪我なら程度はわかるんですが(火傷の時も少し放置して悪化した)内部の痛みはどの程度か聞かれると

ちょこ
ちょこ

とりあえず大丈夫です(大丈夫と言ってしまう日本人)

妊娠9ヶ月。

それは起こったのです。

朝から針をチクチク刺される感じが続いていた。

ちょこ
ちょこ

痛い…でもまだ8ヶ月。出血も無い。大丈夫…チクチクだし。そのうち治る。

お昼になっても治らない痛み。

ちょこ
ちょこ

おかしい…でもチクチクだしなぁ…

そんな軽く考えていた私を嘲笑うかのように午後から激痛が走ります。

ちょこ
ちょこ

なんかお腹が張る!!痛い!!ちょっと!お腹の中で蹴らないで!痛み増すし!!

冷や汗が出始めます。しかし家の中は私1人。中1双子の息子達はまだ学校から帰宅していません。

ちょこ
ちょこ

せめて…双子が帰宅してから病院…双子に連絡するか…いやでも学校に連絡するべきなのか?

実家が頼れないちょこ(姉と父しかいない。そもそも2人とも仕事中)

ちょこ
ちょこ

うぅ…ヤバイかも?でもまだ救急車呼ぶ程では無い気がする。旦那氏にとりあえず連絡しとこうかな。

痛みが増してから2時間以上経過して旦那氏にメール。

ちょこ
ちょこ

痛い…。でも病院午前しか診察してない。どうしたらいい?

主人
主人

俺、一旦帰るわ。

帰宅した旦那氏、私の様子を見て青ざめる。

主人
主人

病院連れて行くから!双子はあんた病院連れてった後に俺がアパート戻るし!

ちょこ
ちょこ

まだ痛みは大丈夫な気がする(朦朧としてる)

主人
主人

ちょっと様子がおかしいって!!

慌てて病院へ駆けつける私と旦那氏。

産婦人科へ到着するなり用意される車椅子。

ちょこ
ちょこ

え?大丈夫。歩けます…

大丈夫じゃない!!(旦那氏とハモる看護師)

緊急にエコー診察した結果…

急に呼び出された担当医に告げられます。

あの…ちょこさん?いつから痛みがあったんですか?(緊張感漂う)

ちょこ
ちょこ

午前中からチクチクと…

以前言いましたよね?子宮が内臓膜と癒着してるって。

ちょこ
ちょこ

はい…

癒着してるのが剥がれかけて内部出血してます!!

ちょこ
ちょこ

え…

手術室、予約しましたから明日の朝1番で帝王切開します!今日は動かないで下さい!状況を見て緊急オペになりますから。とにかく今日は動かないで下さい!どうして早く来なかったんですか??

ちょこ
ちょこ

いえ…我慢出来る痛みでしたし、今までもチクチク程度の痛みはあったので…それの延長かなぁ〜と…。どうしようかな〜と思ったんですけど旦那氏が慌てて…

慌てますよ!そのまま動いていたら最悪赤ちゃんもちょこさんも死んでましたよ??(結構強く怒られた)

ちょこ
ちょこ

え…死ぬほどの痛みでは…

顔色真っ白じゃない!

そうか…死ぬほどの痛みってこのくらいなのか…

その時思いました。私はきっと痛みを堪えて静かに死んで行く人間なんだなぁと。

その予想は裏切らず、その数年後の私は夜中に痛みでう〜う〜唸っていて旦那氏が不思議に思い起きたら私はその瞬間吐血したという出来事が。

 

翌日、局部麻酔で帝王切開をし無事に三男が生まれましたが麻酔が体に合わずゲロゲロになっている私とは裏腹に赤子とは思えない盛大な大声で三男は産まれ医者も看護師にも笑われた事は一生忘れないでしょう。

そして旦那氏の両親が亡くなった旦那氏の姉の遺影を持って待合室にいた事も忘れないでしょう……。

内部に溜まった血液を管で抜き、麻酔を体から全部抜く為に24時間点滴2ヶ月入院し、ほぼベッドから起きれない私の代わりに三男は元気にスクスクと看護師達に育てられたのであった。

 

ブログ村、微妙にやる気に繋がっているので是非ポチして下さ〜い

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

ハウスメーカーのどこを選んだらいいか迷ったら間取りも一括請求、一括見積もりが出来るタウンライフ家づくりのサイトをお勧めします。私も一括請求しました。ハウスメーカーの比較検討の参考になると思います。
ブログ
スポンサーリンク
シェアする
ちょこっとハウス/一条工務店で家を建てる

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました