スポンサーリンク

一条工務店 こだわりの一階間取り

ブログ
スポンサーリンク
.
choco10をフォローする

私達の間取りは二世帯にも応用出来るのでは?という間取りになりました。

完全二世帯にしてしまうと、キッチンも一階と二階にあったりしますが金額も跳ね上がりますし、坪数も多くなってしまうのではないでしょうか。

プライバシーをある程度守りつつ、干渉しない住まいの間取りとしては上手く出来たのではと自分では思っています。

本当ならお風呂の位置もリビングを通らない間取りが良かったのですが現実的に厳しい間取りになったので諦めました。

お風呂も干渉しない間取り

最初の頃に出してもらった間取りになります。

玄関入ってすぐ前が洗面所になっている為、帰宅後にすぐ手洗いも可能。
7.5畳の部屋からはリビングを通らないでトイレにも行けますし、お風呂にも行けます。
逆にリビング側からは7.5畳の部屋の前を通らず洗面所を通ってトイレに行けるので1階の部屋に居る人はリビングから二階に上り下りする時しか顔を合わせる事がないと思います。
NGとなった理由は私的には二世帯にしたいわけではないので、お風呂が中央に来る事と、リビングが西側に面している事がNGの理由です。南側に三連窓を取っていますが壁が広い面積の方が西側になってしまい、却下となりました。

採用した間取り

玄関から入ってすぐ目の前が8畳の部屋です。
隣にはすぐトイレがあるのでリビングを通らなくても良いので気に入っていますが、先程の間取りと一緒で玄関入ってすぐにトイレがあるのは少し気になるかもです。
リビングを通らないと洗面所、お風呂に行けないのは少し困りますがトイレには手洗い器も付けましたし帰宅後すぐ手洗いをしたければトイレの手洗い器を使えばいいのでは?と考えました。
一階の部屋に居る人は、干渉されず過ごせるのではないかと思います。

何故一階に広い洋室を作ったのか

次男が友達を部屋に連れて来る事を想定しています。友達が来た時に、リビングに居る私達家族と顔を合わせるのは嫌なのではないかと思ったからです。
なんとなく気まずい感じがしますよね。
8畳と大きく部屋を取ったのにも意味があり、次男が友達を部屋に入れても余裕があるようにという事もありますが、ゆくゆくは一階に私達夫婦の部屋を移動させる手もあるんじゃないかと思ったのです。

もしかしたら息子2人のうち1人が結婚でもしたら二階は息子夫婦に譲った方が上手くいくと思うのです。

家族が集う家づくりを目指す方が多い中で、家族が集わずお互いのプライバシーを守り適度な距離を持って生活する。私達はそのスタイルを選びました。

これは二世帯にも可能な考え方の間取りなのではないでしょうか。

特にこだわってオシャレな部分もありませんが、生活スタイルという点ではこだわりの間取りとなりました。

 

ブログ村、微妙にやる気に繋がっているので是非ポチして下さ〜い

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

ハウスメーカーのどこを選んだらいいか迷ったら間取りも一括請求、一括見積もりが出来るタウンライフ家づくりのサイトをお勧めします。私も一括請求しました。ハウスメーカーの比較検討の参考になると思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました